家事での節約 料理・レシピ

毎日作る食事の中での節約というと、ここは主婦の腕の見せどころになりますよね。
昨日の夕飯を今日のお昼や夕飯にどうやって使うのか、考えれば沢山あるし、アレンジすることでお料理のレシピがどんどん増えていきます。
例えば肉じゃがを作った次の日に、肉じゃがをアレンジしてコロッケにしたりすることができるし、バターで炒めてもおいしいです。それを見越して
あらかじめ沢山作りおきしておくのも良いですね。
反対に材料を無駄にしないために、買ってきたじゃがいもの半分で肉じゃがを作って、残りの半分は翌日にポテトのチーズ焼きしたりすることもできますよね。
レシピというのは工夫次第ですので、いくらでも節約が出来るんです。
いつもは捨ててしまう野菜の皮だって、きんぴらにすれば美味しいし、大根の葉っぱをお醤油で炒めれば美味しいです。
普段作っていて余ってしまうカレーを春巻きの皮で巻いて揚げればおやつの変わりにもなりますから子供も喜んで食べてくれます。
ついつい沢山作ってしまうものをどうやってアレンジするかによって、節約できるかできないかが変わってきますね。
料理を面倒に思ってしまったら、節約することはできません。
少しでも節約するために、材料を削減するということも大切ですよね。
ハンバーグを作るときにお肉を半分にしてお豆腐を使うと、材料だけじゃなくてカロリーをカットすることもできるし、口当たりもフンワリとして美味しくなります。
全部お肉を使う半分のコストで作ることが出来るから、これは大きな節約になります。


家事での節約 お掃除・洗濯

家事での節約 お掃除・洗濯について考えてみましょう。
中々節約出来るようなことではないと思っているかも知れませんが、沢山節約することができます。
まず洗濯にお風呂のお湯を使うというのは基本ですが、それでもお湯が残りますよね。
そのときに、毛布などの洗濯機では洗いにくいものを浴槽に入れて洗います。
洗剤は少しで良いし、子供と一緒になって上から足で踏むだけで綺麗に洗えます。
ちょっとした運動になるし、洗いにくいものも簡単に洗えて、洗濯をする一回分が節約できますよね。
すすぎまでは浴槽でしても良いし、すすぎは洗濯機に移し、浴槽に残った洗剤液でそのままお風呂掃除をしても良いと思います。
それから、洗濯物はできるだけまとめて洗うようにするだけでも洗濯する回数が変わってきますよね。
掃除に関しては、いきなり掃除機をかけるのではなく、部屋の隅などはティッシュで軽く拭くだけでごみがとれます。
窓ガラスを拭いたりするときには洗剤を使わなくても、重曹で綺麗になってくれるからコストもかかりません。
キッチン汚れも重曹で綺麗になるし、リーズナブルですよね。
お風呂場は毎日の入浴の最後に水をかけるだけで湿気によるカビを防ぐことができます。
それから、照明器具は常に綺麗にしておくと電気代の節約や蛍光管の節約にもなりますね。
掃除や洗濯で節約できる部分は他にもありますが、手軽に取り組めるのはこのくらいでしょうか。
汚れを予防することで節約に繋がっていきますね。