節約家計簿のつけ方

家計簿をつけているという人は近頃少なくなっていますが、節約をするためには家計簿をつけると良いです。
むずかしく考えないで(ブログに日記を書くイメージでOK!)まず家計の記録を付けることからスタートしましょう
節約家計簿に細かく収支を書いていくことによって、どこに無駄があるのかということがわかりますので家計バランスが見えてきます、そうすると節約の意識が芽生えてきます
まずどこにムダがあるのか判らなければ節約しようがないですからね
節約家計簿のつけ方で便利でオススメなのは、ネットやスマートフォンでダウンロードできる自動計算してくれるタイプの家計簿です。
前の月に使用した収支との比較をしてくれて、ずっと保存することもできるので、トータルしてどんな部分でお金がかかっているのかをカンタンに見直すことができます。
それとは別に買い物に行ったらレシートはかならず取っておくようにしましょう。
そうすれば、いつ何を買ったのか判ります、ついつい無駄使いしてしまっていたりすることに気付きやすいので、次回の買い物に行ったときに気をつけることができますよね。
家計簿を毎日のようにつけていくのは面倒かも知れませんが、こまめにつけることが節約への第一歩です。
入ってきたお金を何となく使ってしまうのではなく、細かな数字が並んでいる家計簿を見ることで、数円単位でも節約していこうと思えるので、毎日つけてみましょう。
それができれば、自然と出費を押さえることができるので、知らないうちに節約することができます。こうなればしめたモノ!
視覚から節約の意識が生まれるので、買い物にいくたびに気をつけるようになります。
中々節約するのは難しいですが、このように家計簿を使えば、毎月の収支を把握するだけじゃなく、自然な節約に繋がっていくのはストレスもなく助かりますよね。


主婦の節約貯金方法

家計が苦しくても、将来のことを考えると貯金をしたいと思っている人もいますよね。
お子さんがいらっしゃれば子育て費用がかかります、例えば大学まで通わせたとすると一人あたり2500万〜3000万もかかると言われています、それとは別にこれから先にどれだけのお金が必要になるかわからないし、貯金をしておいて困ることはありません。
しかし毎月毎月の支出を考えてみると、貯金をするのは難しいというのが本音だと思います
節約しながら貯金をしていくのは主婦の知恵です。
誰でもできるおすすめ方法が、お財布にある小銭を定期的に貯金していくことです。
毎日だと負担が大きくなってしまうので、気がついたときで良いので、小銭を貯めるだけで年間結構な貯金ができます。
それから、他に節約をしながら貯金することというと、例えば買い物にいって、少し高いお肉を買いたいと思ったときに、少し安いお肉を買うようにして、その差額を貯金するようにします。買ったつもり貯金ですね
この方法だったらお肉以外にも色々なものに使えますよね。
毎回買い物にいくたびにこうやって貯金をしていれば、1ヶ月で充分な貯金ができます。
わざわざ毎月貯金する金額を決める必要がないので、余裕がないときでも貯金することができます。
貯金しなければいけないと意識をすると、今月も生活費が足りないとストレスになってしまいますが、上記のような方法だったら、ストレスも貯まらずに貯金していくことができますよね。
このほかに、買いたいものを2つ比較して安い方を購入して高い方との差額分を貯金するなど工夫をしていくといいです。
コツコツ貯金をしていれば、気がついたときには大きな金額になっていると思うので、一年間続けてみてください


節約の心がけ 家事編

節約術というのは色々なものがあって、人によって心がけている節約が違うと思いますが、家事の中でも簡単にできる節約というのが一番大きいのではないでしょうか。
毎日の積み重ねというのは大きな節約に繋がります。
小さなことでも、例えば今まではいつもつけっぱなしだった換気扇と電気を消すようにするだけでも1ヶ月に数千円の違いが出てきますよね。
ついつい忘れてしまうようなことでも、毎日の家事で気をつけるだけで節約に繋がることはたくさんあります。
1人だけじゃなくて家族全員で取り組めばどんどん節約ができるので、家計の助けになってくれますよね。
はじめは面倒に感じることもあるかと思いますが、毎日続けていけばそれが当たり前の習慣になりますから、まずは継続していくことが大切ですよね。
本当にこだわる人は徹底的にこだわりますが、あまりにも節約節約と意識した生活をするのはストレスが溜まりそうなので、電気と換気扇には常に気を付けるようにして、冬場はエアコンを使わずにこたつを使い、朝や帰宅後はヒーターで部屋を暖めたらあとはこたつで暖まる。
夏場はエアコンを使うのは本当に暑いときだけにして、ペットボトルに入れた水を凍らせておき、扇風機の前に数本置くだけでひんやりとしますから、エアコンを使わなくても過ごせます。
また、洗い物をするときなども流水を少なくして、できるだけまとめて洗うようにするだけでかなりの節約になります。
家事をしながらでも節約することは可能なので、いくつかの方法を組み合わせながら節約していくと良いですね。